乾燥肌とお風呂の関係

乾燥肌を防ぐためのお風呂の入り方、お風呂上がりのケアの方法をまとめました。

乾燥肌を防ぐお風呂の入り方

少しぬるめのお風呂に入る

熱いお風呂に入ると、上がった後に肌が乾燥してしまいます。
お風呂上りに肌がかゆくなったことはありませんか?これは、熱いお風呂に入った後、肌が乾燥してしまうことでかゆみが生じるのです。

熱いお風呂が好きだという人も多いですよね。でも、乾燥肌にはあまり良くないということを忘れないでください。症状が落ち着くまでは、なるべく熱いお風呂は避けましょう。

長風呂をしない

長風呂をすると、お風呂上りに肌が乾燥します。
あまり長くお風呂につかっていると、肌の保湿成分がお湯の中に流れ出してしまうためです。乾燥肌の方には、あまり長風呂はオススメできません。

ゴシゴシこすり過ぎない

タオルやスポンジで肌をこすりすぎると、角質層などがはがれ落ち、肌の乾燥を招きます。とくに洗浄成分の強いボディーソープや石鹸、目の粗いタオルやスポンジを使うのは避けたいところです。

お風呂の入り方は、人によって違います。たった一人のリラックス空間ですので、一日のストレスを流し落とすためにも、自由に入浴するのが良いでしょう。
でも乾燥肌が気になっている人は、ここで紹介した注意点を少し意識してみてくださいね。

乾燥肌を防ぐお風呂上りのケア

お風呂上りは猛スピードで保湿をする

お風呂上りの乾燥肌対策は、何よりもこれが大事!お風呂から出て、簡単にタオルで水分を拭き取ったら、とにか一刻も早く保湿をすることです。

お風呂上りは想像以上のスピードで乾燥が進みます。乾燥する前に保湿対策をするのと、乾燥してから保湿対策をするのとでは、保湿効果が全く違います。
お風呂上りの自然乾燥スピードに負けず、素早く化粧水などで肌に潤いを与えましょう。
あらかじめ脱衣所に化粧水や乳液を準備しておくことをオススメします。

きっと乾燥肌の方であれば、お風呂から上がって「すぐ」の保湿、やっていますよね。でも、本当に「すぐ」やっていますか?
可能であれば、お風呂から上がって1分以内には保湿ケアを終了しておきたいところです。

着替えよりも先に保湿。これを習慣にしてしまいましょう。

おすすめの保湿化粧品(洗顔・化粧水・パック)ランキング>>

No.1米ぬか美人 うるおい
米ぬか美人 うるおい
トライアル価格
1,200円(税込)

保湿力 はなまる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.2米肌-maihada-
米肌-maihada-
トライアル価格
1,500円(税込)

保湿力 二重丸
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.3ライスフォース
ライスフォース
トライアル価格
1,512円(税込)

保湿力 まる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら