乾燥肌の洗顔方法

ここでは、乾燥肌の正しい洗顔方法について、詳しく説明しています。

こんな間違った洗顔をしていませんか?

肌を清潔に保つため、洗顔料を使ってすっきりさっぱり洗い上げる。
一見すると当たり前のことのようですが、乾燥肌にとっては必ずしも良いとは限りません。しっかり洗いすぎることによって、かえって乾燥肌を加速させてしまうことが多いのです。

そもそも、洗顔自体が乾燥肌を進行させる大きな要因の一つです。
もちろん肌の汚れをそのままにしておくわけにはいかないのですが、だからと言って洗いすぎは禁物。肌に本来必要な皮脂まで落としてしまうことのないように気を付けましょう。

そして、洗顔料。一般的な洗顔フォームには、汚れを落としやすくするために界面活性剤と呼ばれる成分が含まれています。これは確かに肌の汚れを落としてくれますが、乾燥肌にとってはやや刺激が強め。
なるべく低刺激のものや、敏感肌用のもの、洗浄力の強すぎない洗顔用石けんなどを選ぶとよいでしょう。

また、洗顔料を使わない「ぬるま湯洗顔」も場合によってはおすすめです。
乾燥がひどい時は洗顔料の使用はやめましょう。メイクをしていないのであれば、ぬるま湯でゆっくり洗えばちゃんと汚れを落とせます。

洗顔料を使って朝洗顔をすることも、乾燥がひどい場合は厳禁です。
クレンジングや洗顔によって失われた皮脂は、寝ている間に回復していきます。しかし、朝起きて肌が乾燥しているということは、皮脂が十分に回復していないということ。必要な皮脂を落とさないために、ぬるま湯ですすぐ程度が良いでしょう。

乾燥肌さんのための正しい洗顔方法

肌に刺激を与えずにやさしく洗い上げるには、短時間で洗顔することが大切です。
洗顔料に触れている時間が長ければ長いほど、肌に必要な皮脂まで流れ落ちてしまうので、なるべく短い時間で済ませましょう。

洗顔料をしっかり泡立てて、皮脂が溜まりがちなTゾーンから洗います。
あくまでもこすらず、泡を転がすようにして汚れを落としていきましょう。
洗い終わったら、泡をぬるま湯で流します。熱いお湯は必要以上に皮脂を落としてしまうので避けましょう。

朝の洗顔は、乾燥がひどい時はぬるま湯のみ。夜でも、メイクをしていないのであれば洗顔料は要りません。ぬるま湯でゆっくり洗うだけで一日の汚れは落とせます。
時間に余裕があれば、ホットタオルを顔に乗せ、毛穴を開いて汚れを浮かび上がらせてからぬるま湯洗顔をすると、皮脂が多い部分も気にならないでしょう。

おすすめの保湿化粧品(洗顔・化粧水・パック)ランキング>>

No.1米ぬか美人 うるおい
米ぬか美人 うるおい
トライアル価格
1,200円(税込)

保湿力 はなまる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.2米肌-maihada-
米肌-maihada-
トライアル価格
1,500円(税込)

保湿力 二重丸
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.3ライスフォース
ライスフォース
トライアル価格
1,512円(税込)

保湿力 まる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら