睡眠と乾燥肌の関係

乾燥肌対策としての睡眠のとり方について解説します。

睡眠不足をなくす

乾燥肌の最大の敵とも言えるのが、睡眠不足です。
乾燥肌を解消するためには、肌のターンオーバー(新陳代謝・肌細胞の生まれ変わり)が必要なのですが、このターンオーバーは睡眠中に行われます。
したがって、睡眠不足はターンオーバーの妨げになり、乾燥肌の悪化にもつながるのです。

飲み会で睡眠不足となった翌日などに、肌がボロボロになってしまった経験はありませんか?肌のキメが整わず、化粧ノリも悪くなってしまいますよね。
たった1日の睡眠不足でも、これだけ肌に影響を与えてしまうということを、常に念頭に置いておきましょう。

深い睡眠をとれるようにする

眠りに就いてから最初の3時間、眠りが深ければ深いほど、乾燥肌の改善につながります。
この3時間こそ、成長ホルモンが多く分泌され、最も活発に新陳代謝が行われる時間帯。この3時間の間に少しでも深い眠りに入ることが、乾燥肌対策において大事なポイントなのです。

次の3つの準備をすることで、最初の3時間の眠りを深くすることができます。

  1. 1. 眠りに就く2時間前からは何も食べない
  2. 2. 眠りに就く1時間前に入浴する
  3. 3. 眠りに就く1時間前からは脳を使いすぎない

2時間前からは何も食べない

人間は、血糖値が低い状態の時に最も深い眠りを得られます。
モノを食べると一時的に血糖値が上がりますが、2時間ほどすると血糖値はもとに戻ります。したがって、眠りに就く2時間前からは何も食べないようにしましょう。

1時間前に入浴を済ませる

体温が下がってくると、人は眠くなります。この性質を利用して、睡眠の1時間ほど前に入浴し、あらかじめ体温を上げておきます。体温は徐々に下がっていき、就寝後はスムーズに深い眠りへ移行できるでしょう。

ちなみに、眠くなると体(とくに足)が暖かくなってくる現象がありますが、これは、体温を下げるために、全身の熱を外へ放出している状態と言われます。

1時間前からは脳を使いすぎない

眠る直前に脳を使いすぎると、睡眠が浅くなります。場合によっては、脳が興奮状態となり、眠れないこともあります。
眠る1時間前からは、あまり頭を使う作業を行わない方が良いでしょう。

おすすめの保湿化粧品(洗顔・化粧水・パック)ランキング>>

No.1米ぬか美人 うるおい
米ぬか美人 うるおい
トライアル価格
1,200円(税込)

保湿力 はなまる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.2米肌-maihada-
米肌-maihada-
トライアル価格
1,500円(税込)

保湿力 二重丸
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.3ライスフォース
ライスフォース
トライアル価格
1,512円(税込)

保湿力 まる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら