20~30代【乾燥肌の原因と対策】

20代、30代の肌が乾燥する原因とその対策法を解説。オススメ化粧品で乾燥肌を解決した口コミも掲載しています。

20代、30代の肌が乾燥する原因とその対策法

肌が乾燥するメカニズムとして、肌の回復力が低下し、3つの肌バリアを壊してしまうことにより起こると解説しました。

しかし、20代の肌は、そんなバリアを自力で回復させる力を持っていて、3つのバリアの量も十分あります。

したがって、通常であれば、20代で肌が乾燥することはないのですが、それでも、現在では、乾燥肌に悩む20代の方が増えています。

20代の肌の乾燥の原因は ストレス&ダイエット

ストレスやダイエットにより、血行不良に陥り、肌のターンオーバーが乱れることで肌が乾燥していきます。

また、紫外線やエアコンも肌のサイクルを乱し、乾燥に導く原因となります。

30代後半から、女性ホルモンの低下がはじまる

30代の場合は、このストレスなどの原因に加え、特に、30代後半から、女性ホルモンの低下が始まるため、3つのバリアの一つ、角質細胞間脂質が減少するなど、肌本来の機能の低下もが始まることも考えられます。

肌の乾燥対策としては、まず、これらの原因をしっかりと把握することです。

もし、ストレスが思い当たるのであれば、睡眠を十分に摂ることが重要です。

無理なダイエットもやめ、バランス良く食事を摂るよう、食生活の改善も必要です。

また、屋外では、できるだけ紫外線を浴びないよう、日傘や日焼け止めを上手に使い、室内でも、エアコンの風をまともに受けない、部屋の湿度をコントロールするなどの対策をしましょう。

そして、一番重要なのが、肌の水分を維持すること。

20代の場合は、肌に刺激を与えない保湿化粧品やUV化粧品を使うのがオススメです。

30代の場合は、それに加え、肌の水分を保持するため、セラミドや米ぬかエキスなど、角質細胞間脂質の保湿を行う役割を持った成分が配合された化粧品を使うこともオススメです。

あわせて、マッサージをするなどして、肌の血行を良くすることも考えていきましょう。

保湿化粧品で乾燥肌を克服した20代・30代の口コミ

  • 肌は乾燥するのですが、ベタベタする感じが嫌いなので、オイルフリーだけど仕上がりがしっとりするタイプの化粧品を使い、徹底的に水分を補給しました。
    セラミド配合の化粧水は、実際に水分が肌に入っていく感じがして、しっとりした肌になりました。(30代)
  • 敏感肌なので、肌に優しい保湿化粧品を使うことにしました。米ぬかエキスが入ったものなら、天然なので安心して使えました。
    つけても肌の刺激を感じないのに、肌がふっくらしてくる感じがして、使い続けていくと肌がすべすべになり、今では乾燥とは無縁の肌になりました。(30代)
  • 会社のエアコンがすごくて、逆に夏場に乾燥がひどいです。こまめに肌に水分を補給しながら、朝晩は保湿力に優れた化粧品を使うようにしました。
    保湿といっても、ベタベタの使用感が嫌いなので、しっとりでもすべすべした化粧品を使っています。
    だんだん乾燥が改善されてきて、同時にシミやくすみも薄くなってきた気がします。(20代)
No.1米ぬか美人 うるおい
米ぬか美人 うるおい
トライアル価格
1,200円(税込)

保湿力 はなまる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.2米肌-maihada-
米肌-maihada-
トライアル価格
1,500円(税込)

保湿力 二重丸
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.3ライスフォース
ライスフォース
トライアル価格
1,512円(税込)

保湿力 まる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら