米ぬか化粧品おすすめランキング » 保湿パワーがスゴい美容成分が大集合 » 【ピックアップ】お米に秘めた保湿力をリサーチ!

【ピックアップ】お米に秘めた保湿力をリサーチ!

米ぬかは、玄米の白米へと精米するときにとれる、外皮の胚芽のこと。その秘められた保湿力に注目されています。ここでは、米ぬか成分の肌への働きや、米ぬかのエキスがたっぷり入ったおすすめ化粧品4つを紹介します。

お米の驚くべき保湿力

肌を潤す保湿成分として、最近、お米の力が注目されるようになりました。

お米を利用した成分には、米ぬかエキス、ライスパワー№11、コメ発酵液、コメエキスなど、呼び方もその機能も少しずつ違いますが、すべて、お米に秘められたパワーを認め、開発したという共通点があります。

  • 米ぬかエキス:まさに玄米を精米する時に出る胚芽や種皮である米ぬかを利用したエキスのこと。米ぬかには昔から、さまざまな栄養素が豊富に含まれていることが知られています。
    この米ぬかエキスに含まれる成分の1つに、オリザブランというものがあり、これは、肌に潤いを与え、乾燥肌を解消し、肌荒れや傷までもケアする高い美容効果があるとされています。
  • ライスパワーNo11:医薬部外品の効能として、水分保持能の改善効果を認可された成分です。セラミドを産生し、肌のバリアを高めることで乾燥を防ぎ、肌が自ら潤いを取り戻す手助けをします。
  • コメ発酵液:その名の通り、お米を発酵させて抽出したエキスです。この発酵液には、ビタミンやアミノ酸、糖類が豊富で、肌本来の保湿機能を高めます。また、セラミドの合成を促進することで、肌荒れの改善にも効果があります。

米のパワーを利用した化粧品

米ぬか美人 うるおい日本盛「米ぬか美人 うるおい」
日本盛独自開発の保湿酵母「つや肌酵母」を配合した無添加化粧品です。
豊富な栄養素を自然の形で含んでいる「つや肌酵母」は、その名の通り、保湿力に非常に優れ、つやのある明るい肌へと導く機能があります。
さらに、コメ発酵液や米ぬかエキス、スーパーヒアルロン酸、植物エキスなど、美肌にいい天然素材をふんだんに使っています。パラベン、香料、着色料無添加です。

大関「R2O」大関「R2O」
玄米を発酵させた米ぬかのコメ発酵液を利用した自然派化粧品です。
化粧水はコメ発酵液をたっぷりと配合し、乳液にはセラミドも追加、クリームにはヒアルロン酸を追加するなど、ライン全体で、肌の保湿と持続力を高めています。

 

コーセー「米肌」コーセー「米肌」
お米を発酵させる過程で発見したライスパワーNo11を配合した化粧品です。
これを低分子化することで、肌の奥まで浸透し、肌の内側から潤すとともに、セラミドを生産し、肌バリアを作ります。
さらに、ダイズ発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスなど、美容成分をふんだんに取り入れています。

アイム「ライスフォース」アイム「ライスフォース」
ライスパワーNo11を独自の発酵技術で細かく分解したエキスを使用し、角質層まで素早く確実に浸透させた化粧品です。
そのまま角質層で水分を長時間保持できるため、潤いが続き、これを続けることで、肌質の改善も期待できます。

No.1米ぬか美人 うるおい
米ぬか美人 うるおい
トライアル価格
1,200円(税込)

保湿力 はなまる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.2米肌-maihada-
米肌-maihada-
トライアル価格
1,500円(税込)

保湿力 二重丸
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら

No.3ライスフォース
ライスフォース
トライアル価格
1,512円(税込)

保湿力 まる
肌への優しさ 二重丸

詳細はこちら